ドライヤー 頭皮

ドライヤーを正しく使わないと危険

お風呂あがりにドライヤーを使って髪を乾かす方が多いと思いますが、使い方によっては頭皮を痛めてしまうこともあるので注意が必要です。

 

シャンプー

 

そもそもドライヤーによって髪を乾かさない場合はどうなるかといえば、髪が濡れていると頭皮が湿ったままになるため頭皮の温度が下がります。温度が下がると血管の動きが鈍くなりますので毛根に栄養がうまく行き渡らないことになり、毛根にダメージが蓄積することになります。

 

 

毛根へのダメージの蓄積は、髪が抜けたり、毛根のダメージがひどい時には髪が生えづらくなります。また、髪が濡れたままでは髪のキューティクルがパッカリと開いたままになるため、パサパサな髪になってしまうことがあり、髪にとっても悪いことしかありません。

 

 

髪にとって最悪なのは濡れた髪のまま寝ることです。頭の水分が多すぎると雑菌が発生することがあり、匂いやフケの原因になることもあります。ドライヤーをかけて髪や頭皮を適切に乾燥させておけば健康な毛根を維持することができ、毛根に髪の育成を促すことが出来ます。

 

 

髪に優しいドライヤーの使い方としては、お風呂あがりにドライヤーをいきなり使い始めるのではなく、使う前にタオルで水分を取ってから使うことです。

 

 

お風呂あがりの濡れている髪は、タオルを使って髪の根元の水分を取るように頭をもみほぐしながら行うと効果的です。タオルで水分を十分に取ったら、ドライヤーを強めの熱風に設定して髪の内部を中心に乾かします。

 

 

この時一箇所に熱風を当て続けると髪や毛根を痛めてしまいますので頭全体をまんべんなく乾かすようにします。ある程度乾いたら、冷風にセットして髪を乾かし、整えていきます。ドライヤーの熱風だけで乾かすと皮膚がやけどをすることもあるので注意が必要です。