寝不足 薄毛

薄毛になってしまう原因は人それぞれ違いがありますが、普段の生活習慣が影響を与えていることも少なくありません。食生活が乱れていたり、生活習慣に乱れがあると健康に影響が出やすいですが、髪にも何かしらの影響が出てくることが考えられます。

 

 

そして良くない習慣を改善するだけでも、進行はかなり抑えられる場合もありますので、ヘアケアを行うのはもちろん、生活の見直しも考えていきたいものです。

 

 

忙しい日が続くとどうしても寝不足になりがちですが、寝不足になると疲労が取れない、頭がぼんやりする、ミスをおかしやすくなる、肌が荒れやすくなるなど様々な影響が出てきます。健康のためには毎日しっかりと睡眠を取ることは大事ですが、寝不足は髪にも良くないとされています。

寝不足

 

昼間受けたダメージは寝ている間に免疫細胞やホルモンによって修復されるとされていますが、寝不足になるとその修復もうまくいかなくなってしまいます。髪の毛の成長は夜の10時から夜中の2時ぐらいまでのいわゆるゴールデンタイムと呼ばれる時間に一番成長するとされていますが、この時間には成長ホルモンが特に多く分泌されるとされています。

 

 

それゆえにこの時間によく眠れることは髪の成長をより効果的にするには欠かせないものとなっています。そして、髪にはストレスも影響されやすいといわれていますが、良い睡眠を得ることはストレスの緩和にもつながります。

 

 

薄毛が気になるという方で、睡眠不足がちという方は、その改善のためにも良い睡眠を得られる努力を行っていきたいものです。夜更かしはさけ、早めに床につく習慣は身につけておきたいですし、寝る前はできるだけリラックスできる環境を整えておくのも良いでしょう。