ヘアカラー 抜け毛

ヘアカラーで抜け毛が増える

髪を自宅で染める方は少なく無いと思いますが、ヘアカラーを使っている場合には頭皮へのダメージのことを考える必要があります。

 

ヘアカラー

 

髪を染める化粧品として売られているのは、ヘアカラーとヘアマニキュアです。両者の違いは髪の毛のメラニン色素を脱色する成分が入っているかどうかです。

 

 

ヘアマニキュアにはメラニン色素の脱色成分は入っておらず、髪の表面を染色するだけです。頭皮への刺激も少なく、皮膚のアレルギーパッチテストも必要ありません。

 

 

しかし、白髪はうまく染まりますが、普通の髪では染まっている時間が短かったり、うまく染まらないことも多いようです。

 

 

これに対し、ヘアカラーは髪の毛のメラニン色素を脱色してから髪を染めます。頭皮に刺激が強いので皮膚パッチテストが必須ですが、ヘアマニキュアに比べてうまく髪を染められ、効果も長く続きます。

 

 

ヘアカラーに入っている薬剤は髪の表皮のキューティクルの隙間に入り込み、メラニン色素のコルテックスを脱色した上で、染色します。この脱色成分が皮膚にとって刺激が強く、頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

 

しかも、ヘアカラーは髪が伸びてくれば色違いな部分が目立つため、繰り返し利用されることが多く、頭皮へのダメージが蓄積されます。

 

 

脱色成分による頭皮のダメージは毛根のダメージとなり、抜け毛の原因となる場合があります。10代20代の頭皮は新陳代謝も激しいのでダメージからの回復も早いのですが、30代からは頭皮の新陳代謝が落ち着いてくるため、ダメージ蓄積による抜け毛が急速に進むことも少なくありません。

 

 

白髪やおしゃれで髪を染めたい方も多いと思いますが、頭皮にダメージを与えてしまうことを考慮し、染色する回数を考え、脱色成分はきちんと落とし、ダメージを受けた頭皮のケアを行うことが重要です。

 

 

なお、痛んだ頭皮を修復するためには、育毛剤を活用してケアされることをお勧めします。ネット通販で購入できる全額返金保証付きの製品とその安全性については、次のページで紹介中です。

 

 ネット通販で育毛剤を購入しても大丈夫?