プロペシア 副作用

プロペシアの副作用は男性には危険!?

男性型脱毛症と言うのはAGAと呼ばれています。テレビコマーシャルなどでもAGAと言う名前は有名になっているのですが、男性型脱毛症は進行型の薄毛が特徴です。

 

 

男性型脱毛症は遺伝により男性ホルモンが乱れて起きるのだと言われています。男性ホルモンの一種にテストステロンと呼ばれる物資が在り、テストステロンは酵素と結びつくことでDHTと呼ばれる物質が作り出されます。

 

 

このDHTと言う物質は髪の毛のヘアサイクルを乱す特徴があるのです。

 

 

正常な髪の毛の成長期というのは2年から3年と言われています。しかし、DHTがこの成長期を短くしてしまうのです。

 

 

成長期が短くなることで太く長く育つはずの髪の毛は、細く短い状態のままで抜け落ちてしまいます。これが男性型脱毛症の原因になっているのです。

 

 

このDHTを抑制する事が出来る医薬品がプロペシアです。プロペシアはDHTを抑制し、成長期を正しくしてくれます。これにより薄毛の進行を食い止めることが可能になるのです。

 

プロペシア

 

 

男性型脱毛症の治療では、このプロペシアが処方され自宅で服用して治療を進めることになります。尚、プロペシアには幾つかの副作用が起きると言われています。

 

 

その副作用の代表的なものが男性機能の低下です。性欲の減退、勃起機能の低下、精液の減少、精子量の減少と言った男性機能の低下などの副作用を持つと言います。

 

 

尚、この男性機能の低下と言うのは全ての人が起きるものではなく、稀に起きる可能性が在ると言われているのです。

 

 

AGAの専門病院ではカウンセリングや診断を行ってプロペシアは処方されます。仮に、副作用が起きた場合は直ぐにかかりつけの医師に相談する事で症状をひどくすることなく回復を可能にするのです。

 

 

また、プロペシアのように副作用の危険のある商品を活用したくない方は、チャップアップやブブカのような医薬部外品の育毛剤を活用することを推奨します。

 

 

当サイトでも、それらの育毛剤の特徴を紹介していますので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒ 30代の失敗しない育毛剤選び〜5年後にハゲたくないなら〜