仕事のストレス 薄毛

仕事のストレスで薄毛

 

学生時代では、そこまで気にもしなった髪の毛の問題だとしても、大学時代を経て社会人となると、どうしても髪の毛が薄くなったり、頭髪の脱毛が気になってしまう人も少なくありません。

 

これは、男性特有の脱毛症である可能性が高く、この原因としては、さまざまなものが挙げられます。基本的には、頭皮をめぐっている血流が不足することによって、毛根に充分な栄養素を送ることが難しくなっているのが大きな原因となっています。

 

悩み

 

いわゆる、血中の男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』が引き起こす、男性型脱毛症(AGA)というやつですね。

 

 

これは、仕事のストレスによって悪化することも少なくなく、若いからといって、無理に仕事をしてしまうと、仕事の捨てれ巣によって、頭髪の薄毛が進行してしまうことも少なくありません。

 

 

とくに、仕事において、夜遅くまでの残業というものは、体だけでなく、心にも多くのストレスを与えてしまいがちですので、薄毛を気にしている人であれば、極力仕事のストレスというものは受けないように注意する必要があります。

 

 

働いているとどうしても仕事のストレスというものを感じてしまいますが、問題は、その受けた仕事のストレスをどのような発散するかということが重要となってきます。

 

 

これは、髪の毛の脱毛や薄毛というものが、血流不足だけでなく、ホルモンバランスの崩れが原因となっていることもあるからです。

 

 

ホルモンバランスが崩れるのは、残業などによって過労がたまった時や、ストレスによって心身ともに疲れているときに、自身も知らないうちに、起こっていることもありますので、ストレスと過労というものは、髪の毛の天敵だとも言えるでしょう。

 

 

これらのことを踏まえたうえで、ストレスとうまく付き合いながら、場合によっては、医師に相談したり、育毛剤をかっようしたりして薄毛と脱毛と戦っていきましょう。

 

 

育毛剤については、当サイトの次のページでその選び方を詳しく解説しています。

 

 30代の失敗しない育毛剤選び