てっぺん 薄毛

てっぺんの薄毛の原因はDHT

頭頂部禿げ

 

男性型脱毛症はAGAと呼ばれる薄毛です。薄毛に悩む人の多くはAGAの可能性が高いと言います。

 

 

また、AGAは頭のてっぺん部分が丸く薄くなる症状と、額の生え際部分から徐々に薄くなる症状の2つが在ります。

 

 

頭のてっぺん部分が薄くなるのはO字型、額の生え際部分が徐々に薄くなるのはM字型と言われており、それぞれの症状は何もしないと進行が進むと言われています。

 

 

尚、AGAは20代から30代、40代にかけて見られるのが特徴で、成人男性に多くみられるのが特徴でもあるのです。

 

 

AGAの原因は遺伝による可能性が高いと言われています。遺伝によりテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが乱れる事でDHTが作られ髪の毛の成長期の期間を短くしてしまい、薄毛が進行していくのがAGAのメカニズムであり、AGAの治療としてDHTを抑制する事で進行を食い止める事が出来るのです。

 

 

尚、AGAの症状を持つ人の頭のてっぺん部分の細胞組織には、DHTが高濃度で存在しており、薄毛の原因はDHTに要因されているとも言います。但し、頭のてっぺんが薄くなっていてもAGAであるかどうかは検査を行う必要が在ります。

 

 

と言うのも、AGAの治療に使われているプロペシアと呼ばれるDHTを抑制させる作用を持つ医薬品は、AGAの原因となるDHTに対しての効果はあるものの、AGA以外の症状においては効果を持たないのです。

 

 

AGAであるかどうかは、AGAの専門病院で遺伝子検査を受ける事で明確になります。

 

 

AGAであると診断が下されることでプロペシアが処方され、プロペシアを利用して治療を進めていくことで、DHTが抑制されヘアサイクルを正しくし薄くなる症状を阻止する事が可能になるのです。